2016年6月28日火曜日

緑の壁とイルミネーション

緑の壁とイルミネーション

サイアムパラゴンといえば、買い物とフードコートが有名だが、この壁面緑化(緑の壁)も大したものだと思う。
2011年1月、緑の壁の前にもイルミネーションが飾られていた。
バンコク、2011年。

2016年6月27日月曜日

サイアムパラゴンエントランスのイルミネーション

サイアムパラゴンエントランスのイルミネーション

サイアムパラゴンの開店は2005年末だったろうか。イルミネーションが豪華だと聞いていたので、散歩がてら出掛けてみた。
階段のアーチからして凄い。電飾好きがタイのお国柄とはいえ、随分近代的になったものだ。
バンコク、2011年。

2016年6月26日日曜日

MBKのドリアンのせ餅米

MBKのドリアンのせ餅米

ドリアン自体、癖になる美味しさなのだが、このドリアンのせ餅米(カオニアオトゥリアン)は、さらに個性的食べ物といえる。
これは、ココナッツオイルで炊いた餅米に、完熟ドリアンとココナッツミルクをかけたものだ。ねっとり、とろとろの調和たるや、凄まじい完成度(?)かもしれない。
一食分で少々物足りないとき、仕上げにこれを食べると、満足感を得られること請け合いだ。
バンコク、2011年。

2016年6月25日土曜日

MBKの豚足ご飯

MBKの豚足ご飯

2010年前後は、バンコクでは、マーブンクロンセンター近くのゲストハウスを定宿としていた。
この付近、食べるには不自由しないのだが、夕飯はマーブンクロンのフードコートに行くことが多かった。エアコンも効いていて、メニューは多く選びやすい。そして何より、競争が激しいのだろう、どの店も外れがなかった。
この日は定番の、豚足のせご飯(カオカームー)だ。やわらかく煮込まれた豚足と、漢方の香りがするタレ、添えられた高菜もうれしい。
バンコク、2011年。

2016年6月24日金曜日

タイ最北のパートゥン温泉

タイ最北のパートゥン温泉

日本からの知人を迎えた2006年1月、今まで行ったことのない温泉に行ってみようということになった。
向かったのは、チェンラーイ県メーチャン郡にあるパートゥン温泉だ。伝え聞いた情報では、タイ最北の温泉ということになるらしい。
スーパーハイウェイから西に入り、目指す場所に、着くには着いたのだが。硫黄臭はすれど、何ともうらびれた雰囲気が漂っている。施設自体、かなり荒れていて、もう随分長い間使われた形跡はない。
近年の温泉ブームから、営業すればそこそこ客は来ると思うのだが。今も復活されていないのだろうか。
チェンラーイ、2006年。

2016年6月23日木曜日

MBK前のミスト

MBK前のミスト

マーブンクロン前でイルミネーションを眺めていると、妙な湿っぽさを感じたので見上げると、何処からかミストが出ていた。
タイでミストを見るのは、この時が初めてだったと記憶する。この後は、地方でも度々見掛けるようになった。
バンコク、2011年。

2016年6月22日水曜日

4列シートのトゥクトゥク

4列シートのトゥクトゥク

マーブンクロン前に置かれていた、4列シートのトゥクトゥク。
地元の人も写真を撮っていたから、やはり珍しいのだろう。路上を走っているのは、まだ見たことがない。
バンコク、2011年。

2016年6月21日火曜日

MBKのイルミネーション2011

MBKのXmasイルミネーション

2011年1月の撮影になる。
このイルミネーションは、前の年2010年のXmas用だが、この年の2011年正月には「2011」と表示が変わっていた。2011年のXmasは、11ヶ月以上先のことなのだが…
タイ(諸外国)ではXmasと正月を一括りにする傾向があるので、日本人にはこんなことが気になってしまう。
バンコク、2011年。

2016年6月20日月曜日

MBKを上るサンタ

MBKを上るサンタ

この日の夕食は一人なので、宿から近いマーブンクロンセンターへ出向いた。
1月もそろそろ半ばになるのに、当然のようにクリスマス飾りが残されている。外壁をよじ登る怪しげな人形は、よく見るとサンタクロースだった。この姿は、プレゼントを届けるというよりも、盗みに入る盗賊の一群に見えてしまう。
バンコク、2011年。